合理的奏法とは

昨日エオリアンハープを弾いて 「どうしても気に入らないし、どうやって上手くなるかもわからないのですが・・・」 と聞いた。先生の答えは 「今はまだ状況が整っていない、頭で理解しても体が理解するのは、2~3年はかかります。 それでも少しずつ変化を遂げ続けることが大事。私だって1年前の自分とは違っていますよ。」 「合理的な奏法をすると、これまでは苦手でも器用に庇っていたことが出来なく…

続きを読む

12/5 レッスン #5

今日で5回目のレッスンだったが、いや~~~ 難しい・・・ でもきっと、やり遂げられたら、一皮も二皮も剥けるのではないか? そう信じてやってみたい。 マズルカ Op.63-2  ・もっと右寄りに体の中心を持ってくる 腹、右の太腿、腰が鼻のラインに来る ・案山子のように右軸で立つ 左脚は逃げず、防波堤のように元の位置に居続ける ・冒頭の音 背中で抜いているので、それを止めて(前回のレ…

続きを読む

表参道クラシックスペース

今日を最後に退会するサークルの練習会だった。 そのサークルはいつも表参道のクラシックスペースを利用している。 初めて弾いたとき(およそ5、6年前?)は、なかなか良いピアノに思えたのだが 最近の印象では、バスが鳴らずソフトペダルも扱いにくい。 自分の演奏は・・・ マズルカ 左手がどうにも上手く行かない ><  歳のせいもアリか・・・? エオリアンハープ 内声がイマイチ、旋律も抑…

続きを読む

摩訶不思議

今日はいつもと違う調律師さんに来ていただいた。 なぜその方を知り得たか?というと、実はピアノのお友達PIO様のブログで・・・ (PIO様、この場にて厚くお礼申し上げます!) キーシン結婚のニュースが紹介されていて、その配信元が今日の調律師さんだった。 彼のブログはピアノに留まらず、クラシック音楽界のワイドショーのようである。 その文面・語り口から、只者ではない匂いがぷんぷんしている。 …

続きを読む