Maria Grinberg 

「献呈」ってどうなんだろう? と思って録音を探していたら、また一人 名前の知らない、優れたピアニストに遭遇した。 20世紀、芸術家にとって祖国ロシアは、悲惨のどん底にあっただろう。 革命を逃れたジョゼフ・レヴィーンやセルゲイ・ラフマニノフ等もいたが その後の社会主義体制の中では亡命も容易ではなかった。 リヒテルやギレリスのように西側で有名なピアニストも少数はいたけれど 多くの演奏家が…

続きを読む

Naum Shtarkman

昨晩初めてそのピアニストを知った。 彼の演奏するショパンを聴いて、愕然とした・・・ 私の描くショパン像と、寸分も違わない・・・! もう一瞬で、魂を奪われた。 こんなピアニストが埋もれていたなんて、何という事だろう・・・ Наум Штаркман 1990年 モスクワでのコンサート 第二部 Naum Shtarkman plays Chopin, …

続きを読む

Pavel Nersessian

今月から師事することになった先生は、現在 Pavel Nersessian 氏に師事している。 (といっても多忙なピアニストなので、年に2,3度レッスンを受ける程度だろう) なので私が教わる奏法も、系統的にはロシア奏法に入るだろうけれど、 どうも重力奏法とか、ネイガウス流の響きを重視している訳でもなさそうだ。 昨日からレッスンを振り返っているが、意外にも腹筋を使っている?気がする。 上…

続きを読む

Gun Chaikittiwatana 

レガートとは・・・ 先日ようやく(何年かかったことだろう)ショパンのあるレガートが実感できた ♪ レガート! と言われ続けてウン十年・・・(汗) ピアノ技法の中でも、おそらく最も難しいことなのに ちゃんと教えてくれる指導者は、一握りだろう。 指のレガートと言っても、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパン それぞれのレガートは違うし、曲想によっても様々だろう。 私が感…

続きを読む