Фестиваль Эмиля Гилельса во Фрайбурге

フライブルクのギレリス・フェスティバルより~ 現代に息づくギレリスの遺産、功績を、最高峰のピアニストたちが語り、奏でる。 Фестиваль Эмиля Гилельса во Фрайбурге-Gilels festival in Freiburg ソコロフは、いつもインタヴューでは穏やかで冷静な印象なのに、烈しく熱のこもった演奏をする。初めてギレリスを聴いたのは7歳の時、衝撃…

続きを読む

Emil Gilels and Sviatoslav Richter

最も敬愛する音色を持つギレリスと 絶対に手の届かない音色を持つリヒテル 二人はまるで異なる惑星のよう。 前線でラフマニノフのプレリュードを慰問演奏をするギレリス 「不滅の音楽!」 そう讃えて戦士の愛国心を掻き立てるロシア(ソヴィエト連邦)と マリリン・モンローを送ったアメリカとでは、なんと対極的なやり方だろうか。 キーシンが語るギレリスの「黄金の音色」も、リヒテルの「超絶技巧…

続きを読む

Leon Fleisher

今ではシューマンもまたジストニアだったという説が有力だ。 (音楽家のフォーカル・ジストニアより) 音楽史上最初の患者であると思われているのは、ローベルト・シューマン(Robert Schumann)です。彼はおそらく右3、4指に問題があったと考えられています。 彼の作品、Toccata op.7は、右手中指を使うことなく演奏できるように作曲されています。 (Garcia de Zebe…

続きを読む

Dina Yoffe

先日、Dina Yoffeのコンサートを聴いてきた。 云わずと知れた、日本におけるロシアのメソッドを後押ししている方であり ショパンコンクールの審査員でもある。それ以前に1975年のショパンコンクールで ツィメルマンが優勝したときの2位が彼女だった。 姓から分るとおり、生粋のロシア人ではなく、1952年ラトヴィア生まれ 当時はソヴィエト連邦の一共和国であり、その後モスクワの音楽院で学ん…

続きを読む