Focal Hand Dystonia - tips to help you recover from dystonia

以前から時折、そのマスタークラスビデオを観ていた彼女。 今日初めて知った ・・・ 彼女もまたジストニアであったことを。 ピアノを弾くことを体が拒み、6年間治療を試みたが効果なく、医師からは 「フォーカルジストニアは、難治性で対処法もない」と告げられ 結局、脳の再教育と可塑性により、弾けるようになったそうだ。 ただし、彼女がここで開示しているリハビリのアプローチは 私のそれとは、か…

続きを読む

ありがとう

昨晩、愚痴めいた独り言をつぶやいてしまったのですが ピアノの友Sさんより、優しいお言葉とご提案をいただきました。 ありがとう・・・ とても前向きになれそうです ^^

続きを読む

ようやく・・・

ようやく こう弾いたら、良いんじゃないかな・・・ というイメージが 方向性と形を伴って現れ 浸透しはじめた 長い間 ほんとうに 長い月日 追い求めていたものが 1年位前から 姿勢とか脱力とか 徐々にヒントを掴みだして ああ、これなら! と思えたのは、ここ数日のこと ジストニア自体は まだ解消していない これから先も 苛立たしさ、歯痒さ、悶々は続くだろう それでも どうしたら? …

続きを読む

将棋とピアノ

最近、藤井聡太四段の活躍によって、将棋界が熱い。 私も子供の頃、祖母から習って楽しんだ記憶はあるが、勝負にはあまり拘ったことはない。 あっさり負けは負けと認めてしまうのだが、その潔さは「粘りの欠如」でもある。 そういえば藤井四段は幼稚園のときに、将棋の指し手を考えていたら 「考えすぎて、頭が割れそう!」と言ったとか・・・もはや集中力を超える領域だ。 将棋には色々なエッセンスが詰まっ…

続きを読む