慰め

嫌なことがあったとき やっぱりショパンを聴きたくなる  今日は Sergio Fiorentino を聴いてみた 今に生きていなければ、彼の名前すら知らなかっただろう ソナタ3番の3楽章 ショパンはどういう気持ちで この曲を書いたのだろう どこまでも幽玄で 溢れんばかりの 美と優しさ 真の知性は 思いやりと悲しみに満ちている Sergio Fiorentino …

続きを読む

ガラスの靴とトゥシューズ

醒めないでほしい夢は、やっぱり12時までの魔法・・・だったのかな?  昨日の練習では余り上手く行かなかった >< 筋肉や皮膚感覚が毎日少しずつ異なるので、微調整が必要になる・・・すると 昨日上手くいったことが、今日は再現できないこともある。 体と意識・・・その密接な関わりと変化に、柔軟な対応を積み重ねてゆくしかない。 感覚の定着とそのバリエーションを増やすことが今後の課題だ。 そうす…

続きを読む

醒めない夢

新しい先生のもと、これまでとはかなり違うアプローチでピアノを弾いている。 一般的な指導とは異なり、指のことも音楽のことも言及されたことは、ほぼ無い。 ジストニアの私にとって、ピアノを自由に弾く=ジストニアが出現しない ということ。 そのリハビリで培った知識や感覚と、先生の「体」への指導とが一致し始めている。 今日は、ジストニアが出ない方法も具体的に分ってきた気がした。 しかも、音色…

続きを読む

ひとやすみ

ここのところ目の疲労が半端なく、PCの見過ぎ?と思っていたけれど、目の痛みだけではなく瞼や頬まで痙攣してきた。顔の痙攣は脳神経の問題らしく、ジストニアもやっていることから看護師の妹は 「お姉ちゃん、自分では丈夫だと思っていても、神経が繊細なんだよ」と言う >< 若い頃は繊細さと豪胆さの両極端を、天秤座らしく?バランス良く過ごしてきたけれど、保守的な主婦生活に入ってから、自分を上手く表現し…

続きを読む