収穫と目標

昨日の復習をしていたら、とても良い感触を得た。 そしてこれまで「何故弾きにくかったのか?」 その理由がようやく判った! この収穫は、とてつもなく大きい  やはり頑張るからにはゴールを設定したいと思っていたところへ 昨冬に加入したサークルの発表会が10月末に開催されることになった。 そして近々の目標は6月中旬の練習会・・・  そこで最小限のミスで弾けるようにしたい。 がんばろ…

続きを読む

友人の訪問

今日は久しぶりに友人を招いて、拙宅でピアノを弾いていただいた。 彼女はロシア奏法の勉強の真っ最中なこともあり、理解できる部分が多くあったが 私の現在のレッスンはかなり特殊?なので、類似点、相違点などを洗い出したりしながら ピアノ奏法やお互いの先生やレッスンについて、ピアノを弾きながら話をした。 そして素敵な『幻想曲Op.49』を披露してくださった。 私はバラ1を途中まで弾いたけれど…

続きを読む

I先生のエッセンス(追記)

追記: 本をざざっと読んでみた。簡単に良くまとめられているが、これでは実際に受けたレッスンの内容の十分の一、いやもっと少ないと思う。 それは当然だ・・・私は1年半に渡って随分な投資をしたが、それがこの1冊だけで賄えたら、I先生に学んだ意味が無い(苦笑) 何事も最初は疑いを持たず信じて学ぶべきだが、慣れて来たら少しずつ主張を模索すべきだ。 なぜなら皆それぞれ、体も能力も、趣味も価値観も…

続きを読む

昨晩のコンサート

久しぶりに夜のコンサートへ出かけた。 そのピアニストはTK音大生で、幼少期からコンクールでの入賞を重ねていた。 特待の奨学生ということだが、かつて小林愛美さんもTH音大時代そういう扱いだった。 前半は モーツァルト ソナタ8番 K.310、ベートーヴェン ソナタ32番  モーツァルトは、・・・ ロマン派的な演奏スタイルで正直大きな違和感を感じた。 端正な中に若干ロマンティックな…

続きを読む