5/30 レッスン

これまで脱力&手首奏法を試していたけれど、今回ゼロからのスタートになった。基本の指の落下による打鍵を身につけたく、ハノンもやることにした。ただ1番の下行で、短3度を5-4と開くのが私の指には辛いので、5-4を開かずに済む2番から始めてみた。 ・・・ 地道過ぎる?課題だが、やるなら今しかない(汗) ・ハノン 2番 1オクターヴだけ 指をただストンと山(付け根)関節から落とすだけ 手首が…

続きを読む

5/23 レッスン

* スケール  F-dur/d-moll  ・しっかり重心がお尻に来て安定感はあるが、落とし過ぎないこと 体の前側に重さをかけて行く様に=足そして腕から鍵盤へ 自転車のサドルに腰掛けている感じ(=しっかり座らない、後方は浮いている=乗馬の騎手みたいな感じ) ・体重の左右の移動は足の付け根あたりで、ゆるい弧を描く スィングする感じ ・指が頑張る必要はないが、もう少し音量が欲しいので 重さを…

続きを読む

5/16 レッスン

5年ぶりの先生のレッスンは、以前より「手応え」を感じる。基礎の確認もあり、この2回ほどは子供に教えるように丁寧に教えて頂いている。有難いことだ。本来レッスンには子供も大人も全く関係ない。先生はお子さんが小学生になってからは審査員等の仕事も増やされ、経験を上積みされていることもあるだろうが、この手応えの根拠は、何より私自身が変わったからだと感じている。身体も心も。真摯に学べば学ぶほど謙虚になり、意…

続きを読む

5/9 レッスン

先ずは基本から・・・ * C Dur スケール アルペジオ 今まで習っていたのが親指の関節や筋肉を全く使わない奏法だったので、手首を上下することになり、どんなに努力しても左右の音のズレが生じる それをやめる スケールは並行に、重心移動に注意 手首低め 平泳ぎの手(指揮者の動き)5は倒れない 1は鍵盤の下のほうで弾く 体の重心はお尻から アルペジオは手首高めに立体的な動きで ゆっく…

続きを読む