バッハの音

今日は毎月一度のピアノセミナーの最終回で、テーマはバッハの音だった。元々バッハの音はこういう音だろうというイメージはあったが、あらためて再確認して良かった。 それは、一音一音がはっきり話をする時のように、クリアに作られること。 (脱力だけではない、屈筋を利用した打鍵) と同時に手首は柔軟に動き続けること。 その音は、中身がずっしり重いパンのようなもの、とも仰っていた。 外がパリパリで中…

続きを読む