Даниил ХАРИТОНОВ  И.С. БАХ ХТК-1 b-moll

バッハの音で思い出したレッスン動画がある モスクワ音楽院の教授、Валерий Пясецкий(ワレーリー・ピャセツキー)氏のレッスン 大変素晴らしい内容が、惜しげもなく公開されていて、称賛に値する 2015年チャイコフスキーコンクール、16歳で3位入賞のダニール・ハリトーノフ 彼のコンクール前のレッスンを撮影した貴重な映像 バッハ 平均律1巻22番 変ロ短調 Даниил…

続きを読む

ようやく・・・

ようやく こう弾いたら、良いんじゃないかな・・・ というイメージが 方向性と形を伴って現れ 浸透しはじめた 長い間 ほんとうに 長い月日 追い求めていたものが 1年位前から 姿勢とか脱力とか 徐々にヒントを掴みだして ああ、これなら! と思えたのは、ここ数日のこと ジストニア自体は まだ解消していない これから先も 苛立たしさ、歯痒さ、悶々は続くだろう それでも どうしたら? …

続きを読む

バッハの音

今日は毎月一度のピアノセミナーの最終回で、テーマはバッハの音だった。元々バッハの音はこういう音だろうというイメージはあったが、あらためて再確認して良かった。 それは、一音一音がはっきり話をする時のように、クリアに作られること。 (脱力だけではない、屈筋を利用した打鍵) と同時に手首は柔軟に動き続けること。 その音は、中身がずっしり重いパンのようなもの、とも仰っていた。 外がパリパリで中…

続きを読む

BS音楽番組

普段、TVは殆どNHKばかり観ている。主人に言わせると、 「受信料を払っても余りあるほど、NHK一辺倒」だそうだ。 私はニュースが何故か好きで、BGMがわりについているからだと思う。(汗) 近いうちに面白そうな番組が2本、続けて放映される。 7月26日(水) 午後7:30~午後9:00    「今夜はとことん! ピアノと日本人」 http://www2.nhk.or.jp/h…

続きを読む

Nikolaev メソッド

偶然に見つけた、ウクライナのキエフ出身でアメリカ在住の Irina Gorin さんのレッスン Nikolaevのメソッドは、手首のナビゲーションが特徴的で素晴らしいメソッドだと思う。 彼女の指導も大変好感が持てるし、短い時間の中にエッセンスが詰まっていて秀逸だ。 今あらためて打鍵法を学びなおしている者として、とても貴重な動画だと思う。 ロマン派を弾く時に大切な手首の柔軟性や基礎動作…

続きを読む

発見

前回の記事の延長で動画を見ていたら、気になるものが1つあった。マスタークラスの断片だったが、そこで海老さんは、生徒が弾きにくそうにしているパッセージで手本を示しながら 「私が習っていた先生、メニューインの義兄なんだけど、彼から教わった方法が便利なのよ」 と弾き方を教えていた。 それだ! アルゲリッチが手を構えた時の形に近い それを自分でも真似してみた。 以前にもこんな形、あん…

続きを読む

共感

昨日はちょっとした知人同士の練習会があった。 上手な方がやはり多く、バラード4番、ソナタ3番の1楽章、「革命」などを聴いた。 言うまでもなく素晴らしいが、やはりショパンの演奏は難しいな、とあらためて認識もした。 他の作曲家であれば、難しい曲ほど音の羅列だけで感心して聴けるところが、ショパンの作品の場合、それだけでは物足りない。一般的には、音が少なくペダルの薄い作品ほど、音の中身が問われるが…

続きを読む

現代ピアノ演奏法セミナー 3-2 (3声へのアプローチ)

開催レポート http://kawai-kmf.com/lectures/2017/07.07-/07.07report/ 3声 ~強弱だけではなく、音色によるアプローチが望ましい~ 片手で2声を弾くことになるが、手の幅は狭く、片手での音色の弾き分けが難しい しかしロマン派の曲を弾くために大変重要なスキル バッハ シンフォニア 11番 テーマ d-mollの下行形 3回出…

続きを読む

現代ピアノ演奏法セミナー 3-1 (バロックのポリフォニーと音色)

開催レポート http://kawai-kmf.com/lectures/2017/07.07-/07.07report/ 使用教材: バッハ インベンション 6番 スカルラッティ K.9 & K.162 ~ 強弱のみの音楽表現になっていませんか? ~ ピアノは「小さなオーケストラ」と称されるほど、同時に多くの音や声部を奏でられるだけでなく「多彩な音色」を出すことが出来る、…

続きを読む

将棋とピアノ

最近、藤井聡太四段の活躍によって、将棋界が熱い。 私も子供の頃、祖母から習って楽しんだ記憶はあるが、勝負にはあまり拘ったことはない。 あっさり負けは負けと認めてしまうのだが、その潔さは「粘りの欠如」でもある。 そういえば藤井四段は幼稚園のときに、将棋の指し手を考えていたら 「考えすぎて、頭が割れそう!」と言ったとか・・・もはや集中力を超える領域だ。 将棋には色々なエッセンスが詰まっ…

続きを読む