羽ばたく

梅雨の時期はどうも憂鬱な気分になるものだが、今日は自分の患らった病気について思いを馳せている。これは「ピアニストが罹る、最も深刻な病気」とされている。発症して6年が経過して、これまでの道程を振り返ることが多くなってきたが、実はピアニストや音楽家だけが陥る病気ではない。原因は不明らしいが、発症する人には、ある共通の性質があるようだ。 声楽家は 歌おうとすると 声が出ない フルート奏者は 楽…

続きを読む

6/27  レッスン

この1週間は収穫が多かった。最大の発見は、薬指で打鍵をすると体軸と重心を失ってしまい、力の入れ具合も不安定で手のアーチも崩れてしまう という事が判ったこと。その発見に対処する方策として、先週のレッスンで教わった親指や小指の使い方が合致し、手の甲が崩れる事が減った!^^ 皮膚や筋感覚が麻痺しているときは、気付けなかった事・・・回復している証拠かな^^ ・ハノン 3番 手の甲が安定してきた…

続きを読む

6/20 レッスン

5月からレッスンを本格再開したのは良かったが、前腕~手の甲にかけての痛みが引かない。おそらく捩れたり収縮したりしている筋や腱を、いきなり酷使したために、神経に触れている気がする。殊に手首を上下に振るとかなり痛いので、エオリアンハープはとりあえず痛みが沈静するまでは止める事にした。要領も得てきたし、一日に1,2回忘れない程度に弾くことにして、一旦荷を降ろし、かわりに「革命」を手がけてみようと思う。…

続きを読む

Nocturne Op.55-2

梅雨空・・・ちょうど良い気候 落ち着いてピアノに向かった 久しぶりにノクターン Op.55-2 を取り出してみた 大好きな曲なので 手が忘れないように 以前は 指も手も腕も 不自由な中で取り組んでいた 指使いなど 譜面通りに弾けないので 止むを得ず大幅に変えていた 改善してきた今は 変更していた箇所も 譜面通りのほうが弾き易いものが結構あった 当時は とてもつらかった  ショパ…

続きを読む