羽ばたく

梅雨の時期はどうも憂鬱な気分になるものだが、今日は自分の患らった病気について思いを馳せている。これは「ピアニストが罹る、最も深刻な病気」とされている。発症して6年が経過して、これまでの道程を振り返ることが多くなってきたが、実はピアニストや音楽家だけが陥る病気ではない。原因は不明らしいが、発症する人には、ある共通の性質があるようだ。 声楽家は 歌おうとすると 声が出ない フルート奏者は 楽…

続きを読む

Nocturne Op.55-2

梅雨空・・・ちょうど良い気候 落ち着いてピアノに向かった 久しぶりにノクターン Op.55-2 を取り出してみた 大好きな曲なので 手が忘れないように 以前は 指も手も腕も 不自由な中で取り組んでいた 指使いなど 譜面通りに弾けないので 止むを得ず大幅に変えていた 改善してきた今は 変更していた箇所も 譜面通りのほうが弾き易いものが結構あった 当時は とてもつらかった  ショパ…

続きを読む

エチュードの版

ショパンの場合、版の選択に困ることはよくあると思う。 細かい事情や背景は別として、数があり過ぎるのと、値段がかなり異なる事も要因だ。いずれにせよURTEXTはどの作曲家においても重視されているし、それはショパンでも同じだ。 以前はパデレフスキ(原典版ではない)が最有力だったし、ヘンレ原典版などもありだったが、2005年のショパンコンクールを契機に、徐々に意識改革が進行していると思う。 …

続きを読む

大別すると

ピアノの先生には大きく分けて二通りあると思う。 いやもかしたらピアノの先生に限らず、人間のタイプというか。 一つは 学術的で、知識や研究を好むタイプ もう一つは 実践的で、感覚や経験を好むタイプ おそらく2つの要素を兼ね備えていて、相手の性向、レベル、目標等に柔軟に対応できる人、 そして自らが誠実で良心的な努力家こそ、最高の教育者だろう。 それは、子供と親の関係でもそういえる…

続きを読む

反り腰

運動不足が気になって、ピラティスを始めた。これはジストニアのリハビリと並行して取り入れるべき、第一選択肢だったので、5年前にも一度やったことがある。三日坊主の性分のため間もなく止めてしまったのだが、今回は体重の増加に我慢が出来なくなってのことだ^^; 姿勢のチェックで先生から「反り腰ですね、それだと、腹部が前に出て、お腹が出てしまうのですよ。もっと腹部の筋肉を引き締めて、内臓を元の位置に収めた…

続きを読む

BWV853 - Yutong Sun

感動しました 貴方の手が奏でるから 感動したのです 耳を傾けていると 頬を涙がつたいます ・・・わかりません 恋に理由は ありません Prelude and Fugue  BWV 853 http://cliburn2017.medici.tv/en/performance/-26 (15分20秒~)

続きを読む