友人の訪問

今日は久しぶりに友人を招いて、拙宅でピアノを弾いていただいた。 彼女はロシア奏法の勉強の真っ最中なこともあり、理解できる部分が多くあったが 私の現在のレッスンはかなり特殊?なので、類似点、相違点などを洗い出したりしながら ピアノ奏法やお互いの先生やレッスンについて、ピアノを弾きながら話をした。 そして素敵な『幻想曲Op.49』を披露してくださった。 私はバラ1を途中まで弾いたけれど…

続きを読む

気をつけて・・・

今日は暑かった・・・ 明後日久しぶりに友達が拙宅に来ることもあり、花粉も飛散が終わったことだし・・・と 窓の掃除、玄関内外の掃除、道路の雑草の除去などをして2時間あまり屋外で動いていたら お風呂でのぼせたみたいになった。私はもともと汗をかきにくい体質だが、今日は違った。 シャワーを浴びて昼ごはんの支度をして、洗い物をして・・・と家事を続けたが どうにもだるい。熱中症かも・・・?と思った…

続きを読む

模倣の先にあるもの

どんな素晴らしいピアニストにも、教師がいた。 幼少期からおそらく30代前半くらいまで、様々な名教師がその血肉を与えただろう。 大事なのはその教えを真似て、咀嚼し消化し、自らの強みに転換する能力だと思う。 いまや全米の注目の的となった大谷翔平選手! 最近目に留まったMLB関連の記事で 彼の人並み外れた「模倣」能力についてかかれたものがあるので、ご紹介したい。 http://num…

続きを読む

4/17 レッスン 15

半月ぶりのレッスン・・・今日もまたバラード1番を見ていただいた。 私には不相応な大曲のせいか、なかなか手に馴染まず、毎日がもどかしい >< 先生に言うと、やはり30代後半を過ぎると、大曲に時間がかかるのは当然と仰る。 子供の頃は耳コピが結構得意で、暗譜もかなり速かった。 そして暗譜で弾けてしまうような時、体は既に柔軟に反応していた。 ところが今は・・・ 暗譜はしているけれど、体が曲…

続きを読む