7/20 レッスン

今日は新しい先生になって3回目のレッスンだった。 ・インベンションは(そしてバッハは総じて)チェンバロを意識した打鍵で  ショパンも身体の動きは別物だけれど、音そのものは古典的で同系列  掌の中の感覚の違いで弾き分ける   (なるほど・・・これは『コペルニクスの転回』ほど衝撃的かも) ・私の打鍵には準備が足りない、つまり、怠け者ってこと ^^;  (だからミスタッチも多いの…

続きを読む

神の寵児

Kさんが天に召された。 彼は音楽の神様に愛されていた。 彼の演奏が聴きたくて、神が彼を早々に召したとしか思えない。 それほど凄まじく上手で、しかも幸福感をもたらす演奏だった。 まるで魔法にかかったような、一度聴いたら忘れられない音の面影・・・ 私の手が回復しはじめた頃、そろそろサークルへ参加してみようかと思い 4年くらい前だろうか、あるサークルに入会したことがある。 残念な…

続きを読む

重力の感覚

「重力奏法」ってどういうこと? その正体を追っていたら、もう数年が過ぎてしまった ピアノ奏法における重力とは何か? 重力はどこで、どの様に用いられるのか? 今日朧げに知覚したのは、海のイメージだった 身体の重心は、深く降ろされた錨のように、決して浮ばず 手は波の鍵盤を覆いながら、指の荷重を適時に適所へ運んでゆく その中間を成す上体は、海水のように何にも抵抗しない 当た…

続きを読む

ピアノと科学

新しい先生から教わった手の使い方・・・ 2度のレッスンではまだよく分らないし、理解の手助けになるかも?と思って 『ピアノ・テクニックの科学』という本を読み直した。 出版直後に購入してはみたけれど、よく分りにくい内容で読破できなかった。 身体を使っての試行、解剖学的知識、各種奏法との比較など 周辺の知識が無いと理解しづらい内容のような気もする。 今回はほぼ理解出来ているかな?  …

続きを読む