8/4 レッスン

3曲通して弾いたところ、マズルカが一番気になったそうで マズルカを中心に見て頂いた。 ・ペダル 濁らない ・舞曲の要素・表現 付点の弾き方 ・フレーズ感=ノクターンとの違い ・弾き辛い箇所の指使い修正 ・構成感を出すには? エオリアンハープはやはり後半身体が揺れてしまい ノクターンは相変わらず左手が大きいそうだ。 2曲に共通するポイントとして、左手を脱力して弱音を出すコ…

続きを読む

Mao Fujita 

友人のブログで知った藤田真央さんの演奏が もう度肝を抜くほど素晴らしくて、特にモーツァルトは チャイコフスキーコンクールの時も聴衆の心を鷲掴みにするほど凄かったけれど 今回のソナタもまた「モーツァルトを弾かせたら無敵?」という印象。 繊細で完璧なコントロールは、優しく柔らかく変幻自在な音色によって 音楽に命と輝きを与えている・・・ 内田光子さん以来の、天賦の才能だ。 そんな素晴…

続きを読む

Bellini, Chopin and Maria Callas

このアリアの見事な佇まいは、筆舌に尽くし難く 何度も繰り返し、聴き入っている。 ベッリーニは正にショパンのハートを射ったはずだ。 ノクターンのような伴奏形と旋律、そして形式 彼女の歌声は「美」を凌駕している。 他の歌手も聴いてみたけれど、これほど強く高貴で孤独な歌声は 少なくとも私の耳には響いてこなかった。 ノクターンのレッスンで先生が最も要求してくるのが …

続きを読む

卓球

卓球とは 100mを全力疾走しながら、将棋を指す そんなスポーツである、とコーチが仰っていた。 (まぁ、私にとっては雲の上レベルの話だけれど) 脱力、体軸、効率、集中力、瞬発力、創造性、俯瞰など 楽器の演奏と共通する点も多い。 ピアノを弾くって、スポーツ+芸術みたいなものだ。

続きを読む