「粗さ」

アマチュアの演奏においては、テクニックが素晴らしいとか、ミスが無いとか どうしてもそのような事に(自分も含め)とらわれてしまう気がする。 いくら音楽性が豊かであっても、それを十分に表現する技術が無ければ・・・・そう思う。 でも、音楽ってそういうものじゃない筈だ、と心の中でせめぎ合う。 よく読んでいるロシア奏法のブログで、こんな文章が目を引いた。 海外に行った人たちから、「自由に…

続きを読む

新たなスタート

これまで身体を合理的に使う奏法を半年間習ってきた。 記録によると、レッスンは19回ほど・・・  なんとなく要点が分ってきて、自分なりに整理がつき始めていたところだ。 十分な手応えも感じていたが、いま一つ掴み切れないもどかしさもあった。 バラード1番を弾けば弾くほど、何が拙いのか・・・ 思いに沈んでいた。 また先生が音楽的な指導を殆どなさらないのも、少々物足りなく感じていた。 以前「手…

続きを読む

最後の車

車を購入した・・・といっても我が家のことではなく、母と妹の話。 もう10年以上乗っていた車からの買換えだった。 母はもう1回免許更新したいと言って、この9月に更新のための試験に臨むらしい。 耳が聞こえにくくなっているため、試験官の話が聞こえなかったらどうしよう・・・ そう今から不安に感じているようだ。 私と妹は(どこかで書いたと思うが)記憶の無い幼少期から高校生まで15年間余 父…

続きを読む

Lang Lang:Chopin Nocturne no.20

私は動画で様々なマスタークラスやレッスンを見るのが大好きだ! これからはいいな、と思ったものを積極的に紹介しようと思う。 ランランの指導に言葉は不要!? まるで振付師のようだ ^^; Kaan Baysal君には、さすがの彼も舌を巻いたと思う。 素晴らしい感性と集中力だ。 即座に指導に反応しつつ、自らの音楽を失わずに更に高めている。 Kaan Baysal-Masterc…

続きを読む